依存症の危険性がある薬

万能薬であるデパスとは、チエノジアゼピン系に属している薬であり、抗不安薬となっています。
ベンゾジアゼピン系の作用も持っており、睡眠導入剤としての適応もあります。
不眠症の中でも眠りにつきにくい入眠障害に対して効き目があります。
また筋弛緩効果もあるので、痙攣性の症状や腰痛、肩こり、首のコリ、腰痛などにも効果があるとされています。
うつ病の初期症状としてよく見られる強い不安感が症状として出ている場合に使用される事もあります。
また精神疾患である心身症、統合失調症などにも効き目があるとされています。
脳内にあるGABA受容体に作用することで、不安感や緊張感を緩和し、身体をリラックスさせる作用があります。
有効成分がエチゾラムという成分で、水に溶けやすい性質を持っています。
そのため、特徴として半減期が6時間程度と短く、短時間型の薬となっているので体内から薬の成分が尿と一緒に排泄されてしまいます。
また効果も強く、服用されている方は効いていると感じることができます。
そのため反動も強く現われ、長期間の服用によって薬に依存しやすくなってしまいます。
すぐに効果も切れるので服用量が増えてしまいがちで、依存する確立も高くなってしまうので、服用方法には注意が必要です。
また服用を止める場合には、徐々に服用量を減らしていくことで、依存症などを避けることができます。
デパスは様々な症状に効くことから、非常に多くのジェネリック医薬品が登場しており、それだけでもこの薬の人気の高さを知ることができます。
個人使用の場合には、副作用や先程も説明した依存症には十分な注意が必要となります。
またジェネリック医薬品の使用は自己責任になるので、不安な方は医師に相談して処方するようにしてもらってください。
うつ病は誰にでも発症する可能性があり、身近な病気でもあります。
こころの病気と思われがちですが、身体にも症状を伴うこともあります。
身体的な症状によって、こころの症状には気づきにくくなっているので、異変を感じた場合には医師に相談するようにしましょう。